後悔ばかりが先立つ!学生時代の恋愛の思い出・・・

私は37歳の専業主婦ですが、今中学1年生の娘がいます。娘の恋バナの相談に乗っていると自分が学生の時にしていた恋愛の思い出にたどり着くこともあります。その中で自分の後悔している恋愛の思い出素直に書きますね。

・もっと積極的にアプローチすれば良かった。

・告白すればよかった。

・素直になれば良かった。

などと感じること後悔することが多いので、娘には積極的がいいよと言い聞かせています。その中でやっぱり、私と一緒恥ずかしいという気持ちの方が強く、好きな人誰って聞かれても、教えないって答えたりしてるようです。そこでズバット、あなたが好きって叫んでみたら・・・と自分ができなかったことを娘にさせようとしている私がいます。

学生の頃って、「すき」ってたった二文字なのに伝えることが出来ず、やきもち焼いて、嫉妬して、素直になれば良かったと感じる恋だったと後悔しています。実際に、37歳の今なら言えるのに、学生の頃って言えなかったのだろうと、言えば良かったと思う反面で、思い出を懐かしく感じている私がいます。

今の時代のように携帯があれば告白できてたかも。と感じたり、することもあります。実際に、手紙は書いたけど渡すことが出来なかった。こともあり、後悔はしていますが、今の私にとっては、ステキな思い出にもなっています。

一番好きになって付き合った人は、付き合っての言葉なくいつも一緒に居る存在で、縛るのが嫌だったから、嫌いでなかったけど自分が振った思い出もあり、何で振ったんだろうと今では、そのまま一緒に居れたかもしれないのに・・と感じることもあります。子供が成長することで、同じ道を歩いている今は、背中を押して後悔しない恋愛をしてほしいと感じますが、やっぱり、恥ずかしい気持ちは理解できますよね。

後悔は沢山あるけど、それをばねにして今まで頑張ってきたと考えると良い経験だったのかも。と思える時もあります。たまに学生の頃の恋愛を思いだしながら、笑みを浮かべる私がいますが、後悔というよりも本当に良い思い出と言った方が良いかもしれませんね。

恋って大事だと思うし、相手を思う気持ちや思いやりを持つ気持ち、大切と感じることなど、学校では学ぶことが出来ないことを勉強することができるので、たくさん恋をして欲しいという親心があり、子供の気持ちが分かる自分がいるので後悔もあり、よき思い出ともなっています。

恋愛の相談なら・・・電話占いヴェルニ

Leave a Reply