中学校時代の夏休みはひたすら部活動をしていました;;

今から思ったら、なんであんなにも必死になってやっていたのかなと思うのです。

中学生時代には、部活が命!のようになっていたからです。

自分はバスケ部だったのですが、朝から晩まで必死になってバスケをやっていました。

夏休みなんか、なかったな!

今は、熱中症の危険もあるので、そんなに必死になって部活もやらないのかもしれませんが、昔はみんな一生懸命だったのです。

自分は身長が高くはなかったので、バスケも上手ではなかったね。

活躍できませんでした。

大人になったら、まったく運動もしないので、体が運動不足になっています。

少しは運動をやったほうがいいのかもしれませんが、体が重いのです。

若いときには、何でも体が元気だからできます。

若い子は若いうちに、体を動かしておいたらいいのではないかと思うのです。

今はそんなに熱中して、部活動をする子はいるのでしょうか?

自分が若かった時と今とは全く教育方針も違うと思うので、自分が年齢を重ねてきたら、今の若い子の教育がどんな具合になっているのかは全く分からないのです。

最近ではゆとり世代とか言って、どんどんゆとり教育が広がってきました。

自分が若かった時とは物事の考え方も違っていますから、部活なんかは必死にやっている子はたくさんはいないのかもしれません。

君の周辺はいかがですか?

今になったら、部活をやっていたのも懐かしい思い出です。

Leave a Reply